ご注文・お問い合わせ

〒031-0801 青森県八戸市江陽四丁目8-28

TEL 0178-20-8272 FAX 0178-20-8273

仏壇の基礎知識

  • TOP
  • 仏壇の基礎知識

仏壇とは?

仏壇とは?

多くの日本人にとってお仏壇は、お位牌と共にご先祖様や亡くなった親族をお祀りし、対話をするためのものでしょう。
ですが、「仏壇」の本来の意味は、文字通り、仏像や仏具を飾り、仏様を祀る台のことです。家庭のお仏壇は、寺院にあるお仏壇(内陣)を小型にして、厨子と一体化して箱型にしたものです。ですから、お仏壇は家の中のお寺のような存在です。

お仏壇の中央にあるくびれた台の部分は「須弥壇(しゅみだん)」と呼ばれます。これは「須弥山」を表したもので、これより上は清浄な仏の世界、下は地上世界だと考えることもできます。
須弥壇の上には「宮殿(くうでん)」があります。その中に、ご本尊の仏像・仏画などが祀られています。
お仏壇の各所は、動植物や菩薩・天人などの彫り物や蒔絵などによって荘厳に装飾されています。これらは「浄土」、つまり汚れのない清浄な世界を表していると言われます。

仏壇とは?

多くの日本人にとってお仏壇は、お位牌と共にご先祖様や亡くなった親族をお祀りし、対話をするためのものでしょう。
ですが、「仏壇」の本来の意味は、文字通り、仏像や仏具を飾り、仏様を祀る台のことです。家庭のお仏壇は、寺院にあるお仏壇(内陣)を小型にして、厨子と一体化して箱型にしたものです。ですから、お仏壇は家の中のお寺のような存在です。

お仏壇の中央にあるくびれた台の部分は「須弥壇(しゅみだん)」と呼ばれます。これは「須弥山」を表したもので、これより上は清浄な仏の世界、下は地上世界だと考えることもできます。
須弥壇の上には「宮殿(くうでん)」があります。その中に、ご本尊の仏像・仏画などが祀られています。
お仏壇の各所は、動植物や菩薩・天人などの彫り物や蒔絵などによって荘厳に装飾されています。これらは「浄土」、つまり汚れのない清浄な世界を表していると言われます。

宗派による仏壇の選び方

宗派による仏壇の選び方

浄土真宗(西・東)は金仏壇を使うのが普通です。
しかし、最近では、浄土真宗の方も、金仏壇、唐木仏壇のどちらかをお好みで選ばれることが多いようです。 

余宗(浄土真宗以外の各宗派)では、唐木仏壇を使うのが普通です。
しかし、最近では、余宗の方も、お好みで金仏壇を選ばれることがあります。 

仏壇の種類(金仏壇と唐木仏壇)

仏壇の種類(金仏壇と唐木仏壇)

金仏壇は、塗仏壇とも呼ばれ、木材に漆(うるし)などの塗装を何重にも施したものに、金箔を押し、華麗・荘厳にしたものです。
一般的には、浄土真宗(西・東)で用いられることが多いですが、余宗(浄土真宗以外の各宗派)でも用いられます。
浄土宗用は特別仕様で、浄土宗用の金仏壇となります。また、余宗向けにの金仏壇があります。 
「お西」と「お東」では、柱の色などに若干の違いがありますので、ご購入の際には、お西用、お東用をご指定ください。 
塗装は、高級品では、漆の手塗りが多いのですが、カシューなどの塗料を吹付け塗装するような製品もあります。

唐木仏壇は、桜材・黒檀・紫檀などの木材の木目を生かしつつ、塗装を施したものです。 
唐木仏壇には、黒檀、紫檀、鉄刀木(タガヤサン)、桜材などが用いられます。 
一般的には、余宗(浄土真宗以外の各宗派)で用いることが多いですが、浄土真宗(西・東)でも用いられます。

匠の技

匠の技

◎当社は純国産品!本場徳島産唐木仏壇が専門です。
ご来店の上価格と品質をお確かめ下さい。
経験豊かな仏匠の執着をを込めた職人気質が
伝ってきます
※本場ならではの特許製品及び実用新案取得製品等
の、製造過程から日常の使い勝手や、お手入れまで
ご安心いただける配慮が施されています。